ハナ

キャラクター紹介

香りを自在に操り、材料を求めて旅する調香師。採取したものを魔法で永久保存させることができる。

魔法道具

ギヤマンの小瓶

05Hanna.png

その他

本名 ハンナマリ
年齢 16歳

  • 代々続く調香師の家系で、両親は幼い頃に旅先の事故で亡くなり、常春の国で祖母に育てられたが、その祖母もハナが13歳の時に亡くなった。
  • 幼い頃に両親と作った思い出の香りを再現することを望んで、妖精から永久保存の魔法を授かる。
  • 香りの材料を集めるためにあちこちを旅して回っている。甘いものが大好きで、いつも蜂蜜やメープルシロップを持ち歩いてる。
  • 永久保存の魔法は、ハナが使いたい、とおもった対象に対して発揮される。魔法道具のギヤマンの小瓶に採取したものを一度入れるだけで(大きいものに関しては一部だけ入れることで)鮮度が永久に保たれる。
  • その気になれば動物や人間の永久保存もできるが、今のところは植物などの香りの材料や、旅の最中に手に入れた果物などの食材に対してのみ使用している。小瓶に入れる、という作業が発生するため、時間や酸素、香りなど無機物の永久保存はできない。

  • 最終更新:2017-11-20 21:43:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード