アルバ

キャラクター紹介

触れた対象の辿った歴史を視ることができる魔法を使う。(それが作られる過程、置かれた光景など。人間には適用されない。)魔法の力を活かした調査に励んでいる。

魔法道具

白銀のモノクル

25umeharasan.png

その他

  • フルネームはアルバ・コナセドラ

  • アルバとは「暁、夜明け」の意。父方の祖父の名付け。
共働きの両親に代わって、父方の祖父母に育てられた。祖父は歴史学者、父は地質学者なので、系統は違えど蛙の子は蛙だなぁと思っている。
年の離れた弟がいるため面倒見がいいが、同時に口を出しすぎるきらいがある。わるいことする子には厳しい。お姉ちゃん属性というよりはおかん属性。
普段あまり大きく表情が変わらないが、表に出すのが得意ではないだけで、感受性は豊かな方。特に悲しみの表現が苦手。

魔法少女になったのは、亡くなった祖父の歴史を観たかったから。祖父の愛用の品を通して、尊敬する彼の生き様、考えを学び取った。魔法具のモノクルは祖父の愛用の品。度は入っていない。
今は魔法を活かして、学術調査をしながら骨董品の鑑定で生計を立てている。趣味は仕事の中で観た歴史を基に、物語を書くこと。
お片付けが苦手なので、しばし部屋の中で本が雪崩を起こすが歩けるからいいやと思っている。ちょいちょい雑。大丈夫だなと思った相手に対してもちょいちょい雑。多分ハナちゃんとかステラ姫はそれなりに雑な扱いをしても大丈夫だと思っている。ローズマリーみたいな子はよしよししてあげたい。

三つ編みを引っ張られたら相手のほっぺを両手でパーン挟んで「人の嫌がることは?」からのごめんなさいが言えるまで許しません。

  • 最終更新:2017-12-17 11:35:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード